ようこそニッキー!!

昨日の6時25分、カンタスQF21便にてニコルが成田に到着しました。 15日14時55分キャンベラからシドニー、シドニーから成田、17時間30分の移動です。 朝の6時成田に到着、朝食を取ってからJALカーゴに
画像
JALカーゴでニコルの書類を受け取り、その書類を検疫所へ持って行きます。
画像
定時よりチョット早く8時15分に検疫所を開けて貰い書類の審査です。
画像
私達の前にオーストラリアから猫と一緒に来た綺麗なお姐さんがいます。これから羽田経由で旦那のいる沖縄まで行くそうです。
画像
その審査済の書類を持ってJALカーゴへ行き、そこのお姉さんがニコルを連れて我々と一緒に検疫所へ、その時ニコルと初対面ですが、彼女はゲージの中で不安そうな顔をしています。
画像
ゲージから出してあげるとカミさんの身体によじ登ってきました、「嬉しかった」とカミさんが言ってました。この時のニコルの体重は5.7kgでした。
画像
画像
いったんJALカーゴがニコルを引き取り、我々は関税事務所へ行き税金を納めます。 納税証明を持ってJALカーゴにてやっとニコルを受け取る事が出来ました。 15日の朝、Drコラードの手からはなれて都合24時間かかりました、ゴメンね。 貨物ターミナル内の駐車場でゲージから開放し、水を与えましたがチョットしか飲みません。 持参したヤギミルクとカボチャ、米、鶏肉の食事を与えます、食欲は有りましたので一安心。 成田空港を離れたのは10時です。
画像
成田空港を出て最初のパーキング(酒々井Pa)(しすい)で休憩です。思いっきり身体を伸ばして貰いました。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
posted by Irish soft-coated wheaten at 17:37Comment(0)TrackBack(0)

延期

先ほどマイクさんから電話が有りNicoleの来日が10月16日に延期に成ったとの事。 10月16日の40日前は9月6日になります。来週中に申請書を出さなければ成りません。 マイクさん、Dr John Collard 宜しくお願いします。
posted by Irish soft-coated wheaten at 21:56Comment(0)TrackBack(0)

ニコルの登録名

Dancestar Captains Lady ダンススター キャプテンレディーだって、ちなみに  登録ナンバー9100007947 マイクロチップナンバー982009106367591 誕生日2009/07/09 順調に育ってくれますように。 先程マイクさんからテレが有り、日本に来るのは10月8日木曜日になるそうです。7日出発です。
posted by Irish soft-coated wheaten at 11:10Comment(0)TrackBack(0)

The little girl is coming along fine.

生花がDr Collardの元へ届いた様です。オーストラリアまで3日掛かりました。 「美しい花をありがとう。 それは私の涙を誘い、貴方の友情を感じました。 The little girl is coming along fine. 少女は晴れやかさを連れて来ますよ。」 JC
画像
posted by Irish soft-coated wheaten at 17:42Comment(0)TrackBack(0)

訃報の翻訳

2009/08/18 13:38 私は非常に悲しい出来事を報告しなければ成りません。 我々の所有地は200エーカーの森林公園に接しています、そして、今朝、キツネは最近越してきた隣家を通って我々の所有地に侵入しました。 彼は子犬囲いに侵入して、私の子犬の数匹を殺しました。 残念なことに、ハルは重傷で、およそ30分後に、私の介護も空しく息を引き取りました。 私は30年間犬を育てて居ますがそのような経験は今まで有りませんでした、あなたが想像する通り、私は完全に打ちのめされています。 キツネが隣の家で鶏を襲った後(オーストラリアでは良く有る事です)、子犬の声を聞きフェンスを越えたのでしょう。 私はヒステリックにほえたてている母犬によって起こされ、キツネの口にくわえられたハルを発見しました。 キツネは飛んで逃げて行きましたが、他の子供たちはもうすでに殺されていました。 私は、代金を支払った買い手に対し責任を果たす為に知恵を絞って居ます。 キツネは3匹の雄の子犬を殺しました、彼らは多分、姉妹を守るためにキツネに立ち向かったのでしょう。私には一人も男の子は残って居ません。 今回生まれた9匹の子犬から4匹の雌を省きます。 ハルの両姉妹は生き残りました。 私自身のためにハルの姉妹の内、一人をとっておくつもりでした。 私の最初の提案は、ハルの代わりに彼女をあなたに譲ることです。 私は、2人の評判のよいブリーダーに、ハルより二週後に生まれた子犬について問い合せました。しかし都合の付く男の子は居ませんでした。 私の次の提案は、10月(順調にいけば)の初めに出産予定である次の子供たちから、男の子を提供することです。 私の最後の提案は、お金を払い戻して、この最悪な出来事について謝罪することです。 この出来事は、私の家族全員と同じくらい多くの悲しみを、貴方にももたらすでしょう。 前に報告したように子犬はここ数日、夜の間、外で眠っていました。 今年我々の地域は干ばつのため、農村地帯から侵入した野生のキツネが増えています。 キツネは子犬をめったに攻撃しませんが、自然環境は食料不足が続いています。 襲われた子犬の母親たちは、警告を出そうとしていましたが、門の向こう側に居ました。 両方の母犬は精神的にショックを受けています、彼らの元気を回復するために生き残っている子犬と伴に家の中に戻しました。 私が他の子犬の飼主に報告する前に、大至急返信して下さい。 深い悲しみのDr John Collard
画像
傷心のシャーロット、さぞ悔しかっただろうと想像できます。
posted by Irish soft-coated wheaten at 12:21Comment(0)TrackBack(0)

名前は二コル

Dr John Collardは私達の所へ最初に連絡をくれました。ダンススターに残るはずの姉妹の一人を選ぶか、10月に生まれる男の子を待つか、返金してもらうと言う選択をしなければ成りません、それも大至急。 ハルの姉妹を選びました、でも名前は未だ有りません。 姉妹の名前を2人で考えていましたが、俺の意見はすべて却下、二コルに決まりました。 She is a beautiful girl >Dr Collard談 オーストラリアで美人と言えば二コール・キッドマンと言うことらしい。 Nicole、二コール、二コル、なんだか気恥ずかしくて呼びずらい、ニコ、にこちゃんだな。
画像
ハルはオーストラリアの大地で、花の下に眠っているそうです。 明日にはハルの元へ私達の送った花が届くはずです。 ハル、安らかに。
posted by Irish soft-coated wheaten at 09:25Comment(0)TrackBack(0)

春は・・・

私達にとって悲しいことが起きました。ブリーダーとしても無念でしょう。 コラード博士からハルの訃報が届きました。 信じられません。不憫なヤツです。
画像
こんなにチッコイのに怪獣みたいなキツネに立ち向かって行くなんて・・・
posted by Irish soft-coated wheaten at 17:00Comment(0)TrackBack(0)

ハルの現状

Dr Collardから返事がありました。 入院していたそうで、現在は自宅療養中との事。ハルは元気で輸出の書類を作成中、Dr CollardのSCWTは20年の実績があるとか何とか書いてあるみたいです(^_^;) もう一通、jonlezからDr Collardに送信されたメールが転送されて来ました。 ハルのブリーダーかな、全ての子供は順調で、日本とドバイに送る準備をしてるとかしてないとか、シャーロットの子供(ハル)は来週ワクチンをする予定などと一緒に輸送費?が書かれていました。 又お金が課かるの? ここは一発、カナダにいるライオンズさんに翻訳を頼もうと思います。 今日の芝の状態
画像
posted by Irish soft-coated wheaten at 11:20Comment(0)TrackBack(0)

写真を忘れてるのかな?

今日は Dr Collard にハルの写真を送ってくれる様にお願いしました。 おっかさんシャーロットの写真です。
画像
posted by Irish soft-coated wheaten at 20:55Comment(0)TrackBack(0)

芝の目土

昨日蒔いた目土のチェックです。
画像
ハルのお父さんネッドケリー
画像
posted by Irish soft-coated wheaten at 08:01Comment(0)TrackBack(0)

芝生の購入先

セントオーガスチンで検索すると児湯芝農園とOOSUMI、バロネスが見つかります。金額で児湯芝農園に決めました。52㎡、8月12日着です。目土25L入り26袋もD2で購入することにしました。夏真っ盛りの日中の作業に耐えられるか心配です。 今週はハルの写真を送ってくれることになっています。
画像
posted by Irish soft-coated wheaten at 17:40Comment(0)TrackBack(0)

何時来るの?

ジョンコラード先生(ダンススターのオーナーで大学の先生)にハルが何時来るか問い合せました。 再びハルのお母さんシャーロットの写真です。
画像
画像
コラード先生からのメールには7月1日生まれ(19日付けのメールで19日前)、マイクさんの15日のメールでは6日前の7月9日生まれと聞いています。 7月1日生まれなら9月10日は71日経過していて、10週目になります。 飛行機に乗るには12週必要だったと思います。やっぱり9月末が有望でしょうか。 コラード先生から振込先の連絡が入りましたのでドッグタナーも同時に送金してきました。 後は待つだけです。 と思っていたらマイクさんから連絡が入りました。 やっぱり10月8日にオーストラリアを出発する予定とのこと。 夜にコラード先生からメールが届きました。 一番大きいのがハルです。男の子は一般に大きいそうです。芋虫みたい。
画像
誰がどれやら?生後1週間なので目は明いてません。抱いてるのはDr Collard
画像
母親の名前はシャーロット、前回載せた写真はそんな名前じゃなかった(;^_^A
画像
       ★★やっと主役の登場です。★★
posted by Irish soft-coated wheaten at 12:29Comment(0)TrackBack(0)

パパの写真

パパの写真が届きました。Larnook Kennelsさん所のNed Kelly パパ、2.5才。すべすべのコートですが、泥棒面は相変わらず。
画像
横顔が男前ですね。
画像
ハルは9月10日前後に来れるとのことです。
posted by Irish soft-coated wheaten at 11:59Comment(0)TrackBack(0)

庭の掃除

日曜日に庭の柚子の木を、月曜日は椿の木を切りました。フェンスもハルのために高くしました。チョットは使い勝手が良くなったと思います。
画像
待望のハルの写真はまだ来ません。 インポートドッグズのマイクさんに翻訳を頼んで催促のメールをブリーダーに送ったところです。 Dogtainersのメアリーさんからメールがありました。どうやらキャンベラから日本までの輸送料の見積書みたいです。安全快適に日本へ輸送するためにはAUD$1,595、130k円弱だよん、だって。
posted by Irish soft-coated wheaten at 11:18Comment(0)TrackBack(0)

春よ来い

ウィートンの名前はHALに決めてます。 ウィートンと暮らすにはどうしたら良いのか、方々調べましたが国内で手に入れるのはとても難しい見たいです。犬種図鑑に有る「輸入のみ」ってヤツですね。 何処から輸入するのか、アイルランドは本場ですが遠いし、アメリカでは人気が有ってブリーダーも沢山居るけどやっぱり遠い。 オーストラリアは比較的近くて良いワンちゃんが居そうです。オーストラリアに決めました。 検疫、輸送、ブリーダーとのメールのやり取りのことを考えると人にお願いした方が良さそうです。インポートドッグズのコース3で頼むことにしました。 2009/07/14にインポートドッグズへ問い合わせたところ、dancestarと言うブリーダーを紹介していただき、次の日には両親の写真が送られてきました。 お母さんがパピーの時(2006/3)
画像
お母さんが少女の時(2006/09)
画像
泥棒面のお父さん(2007/8)ちなみにHALの血統書名はBushranger、オーストラリアの山賊(^_^;)
画像
お母さんの兄弟です(2006/6)。
画像
dancestarのワンちゃんたちは以前より、オーストラリアのインターネットで見ていましたので、写真を見て即決です。 HALの誕生日は6月末か7月始め、12週で日本に来ることが出来るので、9月末には一緒に暮らすことが出来そうです。 今後我々のすることは、dancestarDogtainers(ワンコの運送屋)に送金し、必要書類を持って身分証明書と判子を持って成田へHALを迎えに行くだけです。 月曜日になったらdancestarからパピーの写真が届きます。
posted by Irish soft-coated wheaten at 14:14Comment(0)TrackBack(0)