リコーGRが

壊れました。長年愛用していましたがレンズが出なくなり、撮影できません。 引っ張っても叩いてもジージー言うだけです。 芝の密度が上がりましたがヒョロヒョロです。
画像
画像
週末位に芝刈をしたいのですが、発芽から2週間はそのままの方が良さそうです。 幡種したのが8月29日 発芽したのが9月3日 追い蒔きしたのが9月5日 芝の肥料が9月6日(玄関と庭の通路に高麗芝2㎡) 最初の芝刈は9月17日以降の予定です。
posted by Irish soft-coated wheaten at 08:40Comment(0)TrackBack(0)

発芽から3日目

昨日の朝、蒔きムラのある所に1kgのサツキワセを追い蒔きしました。 都合60㎡に5kg、83g/㎡を蒔いたことになります。 昨日と今日の芝の比較です。高さの違いは写真からは分りませんが、密度は上がっています。
画像
しばらく洗濯物が干せません。
posted by Irish soft-coated wheaten at 08:56Comment(0)TrackBack(0)

発芽

今朝起きたら5日前に幡種したサツキワセが発芽していました。昨日の夕方に水を蒔いた時は1ミリも芽を出していなかったのに一晩で1cm以上一斉に芽を出しています、スゴイ。
画像
上から見ると所々ハゲています。デカイ葉っぱはセントオーガスチン、細いのは発芽したばかりのサツキワセ。
画像
posted by Irish soft-coated wheaten at 10:21Comment(0)TrackBack(0)

芝生の種蒔

セントオーガスチングラスは失敗したようです。 日陰が多いのに目土を1cm以上掛けてしまったことが原因です。目土を不陸生成に使用すれば良かったと悔やんでますが、2度と行なわない作業なので反省しても次に生かす事は出来ません。 そこで一年草の寒地型芝生サツキワセ(ペレニアルライグラスとイタリアンライグラスとの交配品種)を4kg、土曜の夜に蒔きました。日曜の夕方から台風11号の接近で雨が降り始めたので、水の溜る場所にブルーシートを敷き、月曜の20時台風一過とともにブルーシートを外しました。 セントオーガスチンの隙間をサツキワセで埋め、見た目を良くし萎えた気持ちを奮い立たせる作戦です。冬芝なのでひと冬常緑です。来春、あわよくば生き残ったセントオーガスチングラスの復活を期待したい所ですが、今のところセンチビートグラスの種を蒔のが最有力です。来年まで時間があるのでもうチョット芝の品種について勉強してみます。
画像
posted by Irish soft-coated wheaten at 09:11Comment(0)TrackBack(0)

外水洗

庭の水道から漏水していたので工事してもらいました。コンクリートのタタキと水洗は壊したままです。今までより一回り大きなブロバンス風の水洗を作る予定です。
画像
曲がり2枚、コーナー・直線各1個で外枠を作ります。穴を掘る前に大体の位置を確認。
画像
ブロックに沿って穴を掘り砕石を引きます。石焼イモ用に購入した大磯石です。
画像
位置を決めて配置しますが、排水管を避けるために直線のブロックを加工しようとしてバラバラにしてしまいました。
画像
ブロックの周りをモルタルで固め、水洗の底の部分もモルタルを敷きます。本日はモルタルが足りなくなったのでここで終了です。
画像
翌日、底をモルタルで埋め尽くし、乾く前にガーデンストーン・ピンクを埋め込みました。
画像
画像
かなり良いんじゃないの、と自分で褒めてしまいました。
posted by Irish soft-coated wheaten at 20:23Comment(0)TrackBack(0)

ハルの現状

Dr Collardから返事がありました。 入院していたそうで、現在は自宅療養中との事。ハルは元気で輸出の書類を作成中、Dr CollardのSCWTは20年の実績があるとか何とか書いてあるみたいです(^_^;) もう一通、jonlezからDr Collardに送信されたメールが転送されて来ました。 ハルのブリーダーかな、全ての子供は順調で、日本とドバイに送る準備をしてるとかしてないとか、シャーロットの子供(ハル)は来週ワクチンをする予定などと一緒に輸送費?が書かれていました。 又お金が課かるの? ここは一発、カナダにいるライオンズさんに翻訳を頼もうと思います。 今日の芝の状態
画像
posted by Irish soft-coated wheaten at 11:20Comment(0)TrackBack(0)

芝の経過

12日に芝を張ってから4日目に入りました。庭の水道が漏水しているので影響を受けそうな芝を移設しました。
画像
日を追って目土の中から芝が顔を出しています。順調に成長している様です。
posted by Irish soft-coated wheaten at 10:57Comment(0)TrackBack(0)

芝の目土

昨日蒔いた目土のチェックです。
画像
ハルのお父さんネッドケリー
画像
posted by Irish soft-coated wheaten at 08:01Comment(0)TrackBack(0)

芝張

朝8時に児湯芝農園に発送の確認をして佐川に電話をいれました。電話に出たネーちゃん曰く、荷は届いているが何時発送できるか分からないとの事、出来るだけ早く発送して貰うように頼みましたが、12時になっても届きません。もう一度佐川へ電話、冷凍車が手配できないとの事なので通常の配送車で搬入してもらう事に成りました。 13時、やっとセントオーガスチングラスが届きました。
画像
梱包を開けるとこんな感じで芝が入っています。
画像
ダンボールから取り出すと
画像
セントオーガスチングラスのアップ
画像
芝生の裏側、黒土がたっぷり
画像
厚さも凄い
画像
で、52㎡を敷き詰めます。
画像
目土を配置
画像
袋を破りこれから均しますが、終わったのが19時で暗かったのでこの後の写真は撮れませんでした。
画像
明日もう一度目土を均します。アチコチ体が痛いです。
posted by Irish soft-coated wheaten at 21:27Comment(0)TrackBack(0)

台風一過

晴れました、余り酷くはなっていないので簡単に整地して落ち葉拾い、水糸を張りました。
画像
いよいよ明日セントオーガスチンが届きます。早い時間に届くと有り難いですね。
posted by Irish soft-coated wheaten at 13:48Comment(0)TrackBack(0)

雨降り

台風9号の影響で折角整地した庭がグチャグチャです。
画像
降ったり止んだりが続いているので晴れ間に砂を搬入しました。
posted by Irish soft-coated wheaten at 14:33Comment(0)TrackBack(0)

ハルは今日で1ヶ月

ハルが生まれてちょうど一ヶ月、今日当たり写真を送ってくれると嬉しいのですが。 本日もシコシコ庭のお手入れです。不陸整成と芝の肥料、苦土石灰を蒔きました。
画像
以前の状態
画像
頑張りました、明日は水ハケの悪い箇所に砂を入れます。
posted by Irish soft-coated wheaten at 17:04Comment(0)TrackBack(0)

芝生の床作り

朝8時から庭を掘り返し、15時に一鍬入れ終わりました。暑かった。
画像
芝刈り機の刃が錆々なので、下刃をシンバカの研ぎ屋に出しました。
画像
御代は500円と超格安、しかも試してからの支払いで良いとの事。 ありがたいお言葉ですが、まだ芝刈りが出来ないんですよ。
画像
ピッカピカで爪を当てると削れる程研げてます(錆止めにペンキを塗りました)
posted by Irish soft-coated wheaten at 17:19Comment(0)TrackBack(0)

芝の目土搬入

ケーヨーD2で目土25Lを26体、芝の肥料5kg、苦土石灰5kg購入、トラックを借りて搬入しました。
画像
画像
トラックの上からだと余裕で庭に運べます。芝はコレより重量があるので、駐車場にテーブルを置いてその上に積む事にします。
posted by Irish soft-coated wheaten at 11:51Comment(0)TrackBack(0)

芝生の購入先

セントオーガスチンで検索すると児湯芝農園とOOSUMI、バロネスが見つかります。金額で児湯芝農園に決めました。52㎡、8月12日着です。目土25L入り26袋もD2で購入することにしました。夏真っ盛りの日中の作業に耐えられるか心配です。 今週はハルの写真を送ってくれることになっています。
画像
posted by Irish soft-coated wheaten at 17:40Comment(0)TrackBack(0)

庭の手入れ

午前中庭を耕し始めたら雨が振って来たので、芝刈り機の手入れをしてました。 右のホイールが固着しているので分解、アクスルシャフトの研磨グリスアップ、ついでに左側もOHしときます。刃は錆々、下刃は研ぎに出さないと駄目そうです。回転する刃はホイールの中にあるギヤを左右入れ替えて逆回転させると自動で研げるみたいです。そう言えば先ほどOHした時左は白、右は黒とギヤの色が違ってました。さすがはハスク、芸が細かい。
画像
庭を耕すための道具です。右から鍬、角スコ、レーキ、スコップ、70Lゴミ袋用塵取、下の写真はフルイです。
画像
画像
庭の方はなかなか進みません。芝が張れるまで数日かかりそうです。
画像
画像
posted by Irish soft-coated wheaten at 17:20Comment(0)TrackBack(0)

芝生の種類

芝についてもうチョット調べてみました。前回エバーグリーンにあこがれて西洋芝を植えましたが2年目の夏を越えられず挫折しています。 なので今回は高麗芝にしようと思っていましたが、セントオーガスチンと言う西洋芝を発見してしまいました。日陰でも育成しアレロパシーで他の雑草を寄せ付けない、ほふく茎により極めて旺盛に拡がり、緑葉期間が長い暖地型の永年草、冬期は休眠して地上部は枯れる、だそうです。三浦半島は辛うじて適応エリアに入っています。家の庭にとって理想的ですが、お値段はお高めです。
画像
目土は庭の土を南側に幅60cm、高さ10cm、ブロック沿いに積み上げて使用します。約0.7立米になりますので高さ1.7cmで40㎡分の目土になります。
posted by Irish soft-coated wheaten at 08:20Comment(0)TrackBack(0)

庭の手入れ

午前中に椿の根っこを掘り起こし、午後はゆずの根っこを掘り起こした。
画像
画像
10月9日午前6時55分成田着カンタス航空です、あと76日も待たなければなりません。 高麗芝でも植えようか! てことで日本の芝を調べて見ました。高麗芝、姫高麗芝、野芝などなど。 D2へ行って園芸係りの人に聞いて見ました。通常は4-6月に施工し、秋芝と言って8月下旬から10月始めに施工する場合があるとの事でした。夏場に施工するのは素人では難しいらしいです。 で、秋芝で検索して見たところ、輸送の関係(夏場は土が乾燥してしまうらしい)でホームセンターでは春と秋に売ってる見たいです。 楽天のOOSUMIでは新鮮なヤツをクール宅急便で夏でも送ってくれるので、夏休みに芝生が張れそうです。芝はコストの事と日陰に強く密度が高い姫高麗に決めました。 庭を耕すために鍬を買ってきましたが、目土の一立米を庭に搬入することが出来るか心配です。
posted by Irish soft-coated wheaten at 13:58Comment(0)TrackBack(0)

庭の掃除

日曜日に庭の柚子の木を、月曜日は椿の木を切りました。フェンスもハルのために高くしました。チョットは使い勝手が良くなったと思います。
画像
待望のハルの写真はまだ来ません。 インポートドッグズのマイクさんに翻訳を頼んで催促のメールをブリーダーに送ったところです。 Dogtainersのメアリーさんからメールがありました。どうやらキャンベラから日本までの輸送料の見積書みたいです。安全快適に日本へ輸送するためにはAUD$1,595、130k円弱だよん、だって。
posted by Irish soft-coated wheaten at 11:18Comment(0)TrackBack(0)